読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

●9/16(金)-5.2%

デイトレ資金1,123,834 (-61,376)
月間-86,742
金利、手数料込み、税引き前

 

 

 9:15       買い  26,415×100

[09:51]   返済 100株-26,420円 

前日押し目の底あたりでの反応を見て買い。上手く上行くが欲を出しすぎ利確できず。同値まで落ちてきて撤退。

トレンド出てるわけではない時は粘らず高値で最低でも半分利確(分割無理な株数なら全部)をしっかり守りたい。

高値ブレイクしたらその後の動きで入り直せば良い。

 

[09:53] 当日 約定済 100株-26,480円

[10:41] 当日 約定済 100株-26,510円

当日安値まで待てず26400が割れてないの見ての買い。買いの根拠26400割れてるのにロスカットせず、結果当日安値26310まで行って反転したが、それは結果に過ぎない。根拠が崩れたらロスカットは絶対徹底しなければ。手仕舞いもただ感情に任せてやれやれ売り。いいところなし

 

新規(一日)
- 売 100 26,510 - 09/16
[10:44] 当日 約定済 100株-26,510円

返済(一日)
- 買 100 26,615 - 09/16
[11:11] 当日 約定済 100株-26,615円

 ここで高値の切り下げと移動平均での反発を理由にどてん売り。レンジの真ん中らへん売ってしまった感じでロスカット。売るにしても底からのトレンドライン下にブレイクしたらでよかったかも。

ロスカットは予定通りできた

 

- 売 100 26,585 - 09/16
[13:18] 当日 約定済 100株-26,585円

返済(一日)
- 買 100 26,925 - 09/16
[13:47] 当日 約定済 100株-26,925円

ここからが最悪の取引。ただただ情けないが失敗をしっかり振り返り是正して行くことが成功のカギだと信じたい。

突如急騰し、26600で売りが出たとこでまだレンジになると思い売り、これは一応想定通りの行動(買い方の勢いを無視しているが)なのだがそのあと強烈な買いで予定ロスカット超えても動けず。これだけ急騰したら反落があると都合のいい考えで放置、自分と同じく空売り踏まれた人達のロスカットでさらに急騰して行く。

一度止まったところで反落を期待するが買いの意欲は衰えず下がらないのでようやくロスカット。想定ロスカットの3倍の損失。

 

新規(一日)
- 売 100 27,060 - 09/16
[13:50] 当日 約定済 100株-27,065円

返済(一日)
- 買 100 27,250 - 09/16
[13:53] 当日 約定済 100株-27,250円

 

新規(一日)
- 売 100 27,200 - 09/16
[13:59] 当日 約定済 100株-27,200円

返済

買100 27,210 - 09/16
[14:06] 当日 約定済 100株-27,210円

 

あとは怒りに任せての復習トレード。どう見ても買いが圧倒している中、急騰しているだけを理由になんの戦略もなく空売り。ようやく我に帰りまたやってしまったと落ち込む。

 

なぜ同じミスをしてしまうのか、何が原因か考えてみると、急激な動きで焦りから想定していた事をまったくできない(むしろ逆をやってしまう)時に思考停止に陥り大きな損失をだしていると気付いた。

常に急騰急落があり得る事。それによって自分のポジが不利な方に動いたらしっかりロスカットし、深呼吸して状況を客観的に評価できる様になりたい。

 

幸い、まだ資産は残っており今日の失敗を反面教師にトレードを続ける事ができる。しっかり反省し、日々精進。